2011年03月10日

カフェテリア叙情詩

昨日無事、初日を迎えました!!!
ところ狭しにお届けしてます!


ノアノオモチャバコ
2011年FIRST PRESENTS
『カフェテリア叙情詩』


■□■
この街には秘密があった。
この街にはその秘密を隠している住民達がいた。
この街にはその住民達が集まるカフェがあった。

この街にある日、一人の女がやってきた。

この街のカフェの店長がその日、突然、若い男に変わった。
■□■

【脚本・演出】
寺戸隆之

【キャスト】
川崎史/菅野佐知子/松倉かおり/早川紗代/副島正雄(以上、ノアノオモチャバコ)

青井そめ/岡野大生(イマジネイション)/倉員亜耶(LOCAL STYLE)/はじかのゆうた(ネコ脱出)/安田亞希子(シデンシキ)ゆにば

山口なな(7の椅子)/杉本大

宇賀神明広

【タイムスケジュール】
2011年3月9日(水)〜13日(日)
09日 20時
10日 19時30分
11日 14時
11日 19時30分
12日 14時
12日 18時
13日 14時
13日 18時
*開演・開場は30分前。受付開始は45分前。

【チケット】
前売 3000円
当日 3200円

【劇場】
下北沢・楽園

【PV】
http://www.youtube.com/watch?v=Gc4EDJnROBA
意外と意外と映ってますっ



ご予約は→http://ticket.corich.jp/apply/25838/004/


posted by さち at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

人生2度目

芝居を3本はしごするのを
人生で2度目で行ってきました


吉祥寺シアターとウエストエンドスタジオとオフオフ

びっくりしたのは
3本ともENBUゼミ成井クラスでつながり
2本が劇中に同じゲームが出てきて
2本とも卒業公演でダブルキャストだった同士

2010年一発目の観劇が
縁起がいいのかわかりませんが
素敵な偶然が続きました


しかし
全部頭から観れてよかったぁ
posted by さち at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

仕組みがしりたい

無事に座って見れました
最前列の補助席
しかも直後の人からギャラリーで立ち見
維新派の良さは引きで全体を見るところだから
たぶん立ち見の方がよかったのかもしれないけど…
たぶん「見た〜」って感じではないのだろうから
最前列でひとつひとつの動きを見れたのでよかったよかった


なんのタイミングであの統率がとれてるのかなぁ〜
稽古の積み重ねや感覚なんだろうなぁ〜



去年は山の手事情社の『ロミオとジュリエット』をにしすがも創造舎でみて
やっぱりセットと客席が面白くて
今回は場内に入って客席と舞台をとりたかったけど
起こられると思ってやめた小心者です


誰かと行ってたら
終演後のろじしきのろじ(前の日記の写真)…屋台村に行きたかったなぁ〜
posted by さち at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

維新派

200911021809000.jpg

フェスティバル・トーキョーの演目の一つ
維新派『ろじ式』を当日券で
ふらりにしすがも創造舎へ
この間までふつうに稽古場利用で通った場所が
校庭がイベントで写真のように



当日券がではらって
キャンセル待ちです
キャンセル番号15番
希望はあるのか?
結果をまて!
posted by さち at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

久しぶりの観劇日記

観劇自体は久しぶりではないのだけど(^-^;
特に7月は久しぶりの大観劇大会だったけど



去年お世話になり
ずっと大好きな劇団さん、殿様ランチさん


「ねずみの夜」
脚本・演出:板垣雄亮

期間:2009年7月29日(水)→8月4日(火)
会場:サンモールスタジオ(新宿御苑)

【上演日時】(全10ステージ)
7/29(水)19:30
7/30(木)19:30
7/31(金)14:00◎★/19:30
8/1(土)14:00/19:30
8/2(日)15:00★
8/3(月)14:00◎★/19:30
8/4(火)14:00◎

◎=平日昼割引料金:2,500円
★=終演後に愉快企画あり。
※開場は開演の30分前となります。

【チケット】
(日時指定・全席自由)
前売・予約:2,800円
当日:3,300円(開演1時間前より販売)
◎平日昼割引料金→前売・当日共:2,500円

【会場詳細】
サンモールスタジオ

東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅
「大木戸門方面出口」より徒歩3分

〒160-0022
新宿区新宿1-19-10
サンモール第3M−B1
劇場事務所:03-5367-5622
(平日11:00〜18:00)
劇中ロビー:03-3350-0335
(公演期間中のみ)

ホームページ→http://www.tonosamalunch.com


「腹をかかえるのは疲れるから、肩を震わすくらいなら手伝いましょう」
という劇団さんの紹介を読んでなるほどなぁ〜と思い

贅沢な時間


あっという間に終わってしまう公演期間ので
ぜひにぜひに
posted by さち at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

おもひでぽろぽろ

演劇集団キャラメルボックス俳優教室卒業公演
『さよならノーチラス号』

ENBUゼミの卒業公演から7年たったんだなぁ〜

専門学校は技術とか新劇とかダンスとか
それはそれで身になったけど
ENBUの1年でいろいろ血となり肉となってる気がする。
卒業公演で演じた理沙は原点かも。

動き・セリフ・声・魅せる

うん、原点だった。





俳優教室の卒業公演を観ながら
当時のダメ出しや袖での出来事、成井さんの話とか
次から次へと想いでが湧いてきた。



今夜、夜行バスで同期の子が卒業公演を観にやって来る。
気をつけておいで。
posted by さち at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

今日は中野

素敵なカーテンコールでした。
最後にスタッフの名前を
結構数ある名前を言って感謝できる
そんな役者になろう

呼ばれたスタッフさん、いいなぁ〜
あたたかい団体さんでした
posted by さち at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ゴールデン街劇場

初めてきたきました〜

その前に別の劇場に
何がやってるのかチラシを見ようと近づいたら
同じタイミングで到着したおとなりさん。
ちらっとみたら
制作の先輩でした!
わわわわわっ
わわわわわっ
元気すか?元気すか?
吐きそうと言いながら先輩は笑ってました

がんばろっ
posted by さち at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

久しぶりの観劇でぃ

昨日は上智大学で
ノアノオモチャバコの山盛(山森)くんと紗代ちゃんが出演している
Sophia Modern Dancers
第54回卒業公演 「Re:Collection」
を観てきました。
いいなぁ〜動けるって
曲にのっていいなぁ〜

専門時代が懐かしくなりました。
あと、
本気で痩せよう…
と思ったり。
山盛(山森)くんのアクトは感心します。
なぜ、そのように立てるのだ!!
羨ましい…
紗代ちゃんは可愛かったり美しかったりセクシーだったり
羨ましい…


今日は新宿で
劇団ハコビヤの杉本くんが客演している熱海殺人事件を。
音響さんがラビット番長さんでバラシに来てくださった方でびっくり
そして挨拶。
せまいっすなぁ〜

チョコ観に来てくれたときに
「菅野さんがやったのとは違うバージョンだけど、やるからっっ」
という活き活き話してた杉本くん。
イキイキ
久しぶりに彼の芝居をみました。
まっすぐで
終わったあとに握手して
元気もらったな。
何年か前にやったので
所々懐かしいセリフが
ワクワクしました。


がんばろ
posted by さち at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

劇団ハコビヤ

劇団ハコビヤ『止められないのはわかっているけど、止めたいモノがそこにあるから』
を観劇。
第1回から受付でついてましたが
今回はスケジュール等々の都合で
初めてお客で入りました。
ついつい厳しい目でみてしまいます。
そのときは自分を棚にあげてね。
そして、いろいろ学びます。

昨日今日と鎌田さんの美術が観れたことに
テンションがあがりました。
ベースとビッグの仕切りがパーテーションになってて驚きました。
自販機が移動してました。



続いて、
下北沢でかげわたりさんのライブを。
メンバーの鈴木さんとは
去年11月に共演させていただいた関係で。
ハコが素敵でしたっ
かげわたりさんはいつも素敵でっ
お話しさせていただくとわたわたしてしまいます…
パワーってすごいなぁ〜
posted by さち at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇団女人荒野

劇団女人荒野『はないろ獅子舞』
を観劇。

昔バイトで一緒だった子が出てましたぁ。
元気な芝居でした。
posted by さち at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UNITレンカノ

UNITレンカノ『R.P.G!』
を観劇。

一昨年11月に共演させていただいた木全さんと小林さんが出演されてました。
小林さんはキュートでした。
木全さんとは3月も共演させていただきます!
posted by さち at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

少年社中

今日は少年社中さんの『チャンドラ・ワークス』を観てきましたっ

久しぶりのポケット
久しぶりの劇団員だけの公演
オープニングからなぜか涙が止まりませんでした。
音のね 振動がね 心地いいのですよ
盛り上がるのですよ
そして声が素敵なのですよ


終わった後、
制作の吉野さんにお会いできたのが嬉しかったっっっ
posted by さち at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

鈴置洋孝プロデュース

昨日は
鈴置洋孝プロデュース『煙が目にしみる』
を観てきました。

『見果てぬ夢』
『想い出のサンフランシスコ』
以来だったので
ちょっとドキドキ…
その日は朝から楽しみにしてました。

観てよかった。
う〜ん…
たくさん感想あるけど
うまく表せないなぁ…
笑って、泣いて、笑い泣いて
そういうお話。


当日券、たぶん出てるかと思います。
お時間ございましたら是非っ
posted by さち at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ノア:髪型

前回参加させていただいたとき、
作・演出の寺戸さんに本番の髪型の相談をすると
稽古場の髪型でイメージが決まってしまうらしく、
なかなか衣裳に合う髪型を探すまで時間がかかった。

この間から立ち稽古に入りました。
その日は長い髪を一本に後ろでしばって稽古場に。
出番の前にゴムを取ったら
寺戸さんに
「それは本番に向けて?」
と言われた。
さすがっ!

ただ、
髪がまとまらない、広がるタイプなので、
なしになる可能性は大。
posted by さち at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

遊々団ブランシャ☆ヴェール

『フラクタル』
作:大串博文・白石佐代子
演出:大串博文
場所:SPACE107
6月30日の夜の回

専門学校の先輩 ユウ・アマノさんが出演されてました。
ユウ先輩の客演っぷり、
しっかり観させていただきましたっ
いい仕事されてましたよぉ。
最後のシーン、好きでした。

先日、
劇場MOMOでムービング4台ぐるぐるしてるのを見たせいか
その数を上回るムービングの台数にわくわく。

お客さんに圧巻・・・
隣のお客さんに少し・・・怒
・・・すみません;



受付に3月の演劇制作体V−NETで共演させていただいた
井路端さんがいらっしゃいました。
劇場にもお世話になった方がたくさんいらっしゃいました。

斜め前の席に、
劇団ハコビヤ『燃えよペン』に客演していただいた古賀さんを
発見!
そう、チラシを見せてもらった時に気になっていたのですが
出演者の森本さん、
劇団ハコビヤの劇団員の専門学校の同級生で
(古賀さんと森本さんと劇団員が同じ専門学校出身)
あたしも少しだけ知っていたのです。
やっぱり狭いぞっ!!
・・・もう驚くのはやめよう・・・
posted by さち at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保村大和プロデュース

『天国に一番近い地下室』
作:山野海
演出:保村大和
場所:不思議地底窟 青の奇蹟
6月29日の夜の回

久しぶりに青の奇蹟さんでの公演に行ってきました。
3人芝居でした。
ん〜、やっぱり役者さんが近い!!

保村さんはキュート
山野さんは面白かった
西島さん山野さんと違った面白さ

カーテンコールで気づいたんですが、
山野海さんは『フツーの生活 3』で
保村さんとご夫婦役やられてた役者さん。
終演後の初日乾杯でお話させていただきましたが
太陽なように明るい女優さん。

素敵な芝居でした☆



夫婦ってすごいですね
一緒にいること
想い
たてまえ
足蹴にしたり
離したくなかったり・・・
posted by さち at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

観劇:演劇配合サプリメンツ

『eco』
作・演出:多々良光洋
場所:劇場MOMO
6月28日夜の回

劇団土下座で共演させていただいた長山さんと
劇団の折り込みできていただいたのがきっかけで
知り合った山本さんが出演されてて、
劇団土下座で共演と素敵な照明を作ってくれた萩原くんが
照明をされてました。

びっくりしたのが
劇場の近くにナチュラルローソンができてたこと。
まえは何があったんだっけ・・・

今週末まで公演なので感想はほどほどに・・・
役者さん、みなさん素敵でした〜
長山さんの芝居、今回のが好きです。
最後の一言が特によかった。
でも、動きに気を付けてね、猫パンチね。
山本さんもスマートな感じで、長山さん同様今回のが好きです。
役者さんの使い方がよかったんだなぁ〜
作・演出・出演の多々良さんも素敵な役者さんでした。

客席に入って照明の光を見て
「あぁ、萩原くんらしいなぁ」
と思ってテンションがあがりました。

初日なのに初日感を感じさせない舞台でした。
posted by さち at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

PLANET RUNNER

『桜ちる季節に君がいた』
作・演出:渡辺おさむ
場所:シアター風姿花伝
6月24日夜の回

劇団チョコレートケーキの作演・松永卓也さんが出演されてました。
松永さん、
真っ直ぐに届く芝居をされてました☆

旗上げ公演というのに制作で関わったことはあるけど、
出演はしたことがないので、
そんなあたしから見ると
旗上げ公演に関われるって面白いなぁと思いました。


観終わった後に思ったのは
たぶんもう少し若かったら
たぶんENBUゼミに入る前だったら
大感動してたのではないかなと
・・・あ・・・
またこんな観方しちゃったよ・・・
でもそうかぁ
どの世代に向けた芝居をするかって
考えなきゃいけないこと何だなぁと。
もちろん、
一番いいのは全年齢層。
でも、
出演者の知り合いがお客さんで観ていただいてるのが多い公演がほとんど。
・・・ということ。
posted by さち at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

放生プロデュース

『頭の上のまあるいアレ』
作・演出:放生兼一
場所:北池袋新生館シアター
6月24日の昼の回。


専門学校の先輩・加藤綾子先輩が出演されてました。
先輩はちょっとハーフに見えます。
そして、
どっしりとシンのある役が素敵☆
小柄なのにすごいパワーを持ってます。

芝居はね、
先輩は安定というか
安心というか
すーっと入ってくるのだけど
何だろう・・・1時間50分か・・・
たぶん1時間30分かもっと短く出来たと思う。
つまり
寄り道が多い芝居だった気がしました。
きっとね、
必要なシーンだったのだと思うけど
必要に感じられないシーンになってた。
きっとね、
役者さんは悪くないと思います・・・


面白さを求めたとき
面白さ=笑い
芝居に笑わそうというシーンは必要か?

展開が面白い
絶妙な間
反応が面白い
じゃダメですか?

たぶんこれは役者としての視点であって
純粋に観にきてるお客さんの視点ではないから
本来は後者の視点に向けた芝居をしなければならないのだから
きっと
笑わそうというシーンは必要なんだよね


どんぐりの背くらべ
五十歩百歩
全ては自分に返ってくること

はい
posted by さち at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする